リビングリフォームの実例と費用

リビングのリフォームは、水回りと同じくリフォームの中でも特に多く行われているものです。
自由度の高いリフォームの1つで、計画とリフォーム業者の技術によって色々な事が出来るのが特徴となっています。
ただし、あまりこだわると高額な費用が掛かってしまうため、予算内に収めるのが難しいリフォームでもあります。

計画したリフォームを進めるために必要な「付帯工事」が起きやすいこともあり、計画通りに進まない事も多いと言えます。
そのため、いかに予算内に収めるかも考える必要があるリフォームです。

リビングのリフォームが実際にはどのくらいの費用が必要で、何を目標にすればいいのか、どうすれば費用を抑えて、希望するリフォームを実現できるかの具体的な方法を挙げているので、参考にしてみてください。

リビングのリフォームに掛かる費用の目安

リビングのリフォームに掛かる費用の目安は、一戸建ての場合で50万円から200万円、マンションの場合で50万円から150万円です。
これらの目安は、実際のリフォームでかかった費用の中で最も多いリフォーム費用の範囲なので、通常のリビングリフォームであれば多くの場合でこの価格内に収まります。
つまり、「ごく普通の」リビングリフォームを考える場合は、この価格内で納めることができるリフォームの内容にすることが目標です。

ただし、これはあくまで一般的なリフォームを目指す場合の話です。
こだわりを優先する場合は一戸建て、マンション共にリフォーム費用が400万円程度かかる事も出てきます。
潤沢な予算を準備できるのであれば、リビングのリフォームの目標を「いかに自分の思い通りのリフォームを実現するか」に変えることも可能です。

リビングリフォームの内容次第で費用は大きく変わる

リビングのリフォームはできる事が幅広いため、リフォームの内容次第で必要な費用が変化します。
これはどんなリフォームでも同じですが、リビングの場合は費用の変化が幅広いので、時に高額なリフォーム費用が必要です。

高額な費用を生みやすいのは収納の設置で、一見簡単そうに見えても工事の手間が掛かる事も多いリフォームとなっています。
予想よりも高い費用が掛かる事があるので、妥協も考えないといけません。

収納に限ったことではありませんが、求めるリフォームの内容は工事の方法次第で費用の増減が激しい事もあります。
そのため、計画と工事方法の選択などで費用をコントロールすることが出来れば、予算内に収めやすくなります。

実例で見るリビングのリフォーム費用

実例で見るリビングのリフォーム費用

以下の例は、リビングのリフォームに掛かる費用の一例です。
リビングのリフォームではポピュラーな内容なので、1つの例として参考にしてみてください。
なお、この例では一戸建て、マンション両方の場合を挙げています。

リビングのドアや引き戸、床、壁をリフォームした時の費用

リビングのドアや引き戸、床、壁をリフォームした場合、必要な費用は8万円から50万円程度です。
ドアや引き戸などを交換する場合は、その価格次第で費用が上下します。
リビングのリフォームとしては一番多く行われているリフォームで、リビング全体のイメージを一新出来て価格は安めです。

リビングに収納機能を付けた時のリフォーム費用

リビングに収納機能を付けた場合は、5万円から200万円です。
収納をリビングという部屋自体にもたせるには色々な方法があります。
床下収納や壁の中に収納を設けて、普段は見えなくする収納は高額な費用が掛かりやすくなります。

これらの収納リフォームはリビングを広く、そして見た目も美しくできる反面、工事の手間が掛かるので工事費用が高額になりやすいと言えます。
ちょっとした収納でも高い費用が掛かる事もあるものです。

リビングを広げる、仕切る時のリフォーム費用

リビングを広げる、仕切る場合は、60万円から800万円が目安です。
費用の幅が広いのは、リビングの広さや解体、設置する壁の規模などによって大きく費用が変わるので、目安としては曖昧な数字ですが、おおむね150万円以内で収まります。

リビングのリフォームの場合、工事中は住宅に住む事が出来ない場合もあるので、予算とは別に借住まいの確保に必要です。
そのための費用も考えておかないといけないので、最終的に800万円を超える事もあります。

マンションのリビングリフォーム

マンションのリビングリフォーム

マンションのリビングをリフォームする場合は、一戸建てと比べるとリフォームの内容と工事ができる場所に制限を受けます。
マンションのような共同住宅には、部屋の住人が独占的に使用、変更できる「専有部分」と、自分の部屋であろうとも自由に変更できない「共有部分」があるためです。

リビングの場合、共有部分になりやすいのは窓や床下、壁、天井などから伸びる配管、壁の一部で、これらは共有部分になっています。
共共有部分はリフォームで壊したり、変更をしたりすることが許されていないので、一戸建てに比べるとリフォームの内容に工夫が必要です。

工夫が出来栄えを左右する

マンションのリビングをリフォームする場合は、工夫をすることで一戸建てとほぼ同等のリフォームができます。
例えば、共有部分である窓を無くしたい場合は、窓の前に新たな壁を作るといった方法で可能です。
共有部分に掛かるリフォーム工事は、工夫次第では可能になるので、機転の利くリフォーム業者を選べれば思い通りのリフォームが実現します。

リビングのリフォームは、一戸建て、マンションともに「こだわり」と「予算」のバランスをどう調整するかで、その出来栄えと最終的な費用が決まります。
リフォーム全体に言えることですが、準備した予算内で収めることが難しいのがリフォームです。
いかに予算内に抑えつつ、希望するリフォームに近づけるかを考えながら、リフォーム業者と納得がいくまで打ち合わせをして計画を作り上げてください。

●リフォームの一括見積もりで最大40%も安くなります

リフォームを行う際には、色々な業者と比較する事をオススメします。 業者を比べる事で、数十万円単位で安くなった事例は多くありますので、リフォームを行う際には、注意するようにしましょう。

タウンライフリフォーム

【タウンライフリフォームのメリット】

  • 国家基準の審査を通った業者が300社以上登録
  • 複数の業者と比較をして適正価格にて施工が可能
  • オリジナルのリフォームプランの提案書
  • 専門家のリフォームアイデア・アドバイスがもらえる
  • しつこい営業が一切ない
  • 最初から最後まで完全無料

>>最大40%安くなる無料一括見積もりを試してみる。