リフォームの失敗談

リフォームは、よく考えられた計画の元に実行されないと、「失敗」という結果を招く事があります。

リフォームはその規模にもよりますが、決して安いお金で出来るわけではないので、失敗すれば大きな損害を受けてしまいます。
失敗した責任の所在も曖昧になる事も多く、リフォーム業者側も失敗した事への補償を拒否したり、裁判に発展したりすることもあるので、解決も簡単ではありません。

どうすれば失敗しないリフォームが実現するのか?

起こってしまうと大きな損害が出るリフォームの失敗ですが、その防止策は意外と簡単なものでもあります。

実際に起きたリフォームの失敗談

失敗しないリフォームを実現させるために、まずは実際に起きた失敗例を見て、どんな人が失敗するのかを知る事です。
実際に起きたリフォームの失敗例として分かりやすいのは、ある地方都市に住むAさんの例です。

Aさんは寝室のリフォームを計画し、リフォーム業者に工事を依頼しました。
当初の予算は100万円でしたが、リフォーム業者の見積りでは85万円という事だったので安心してリフォームを依頼。
あまりリフォームの知識のなかったAさんは、早くリフォームをしたかった事もあり、リフォームに関しての事の多くを業者に任せてしまいます。
そして、その事がとんでもない事態を起こすのです。

出来上がった寝室はきれいになっているのですが、Aさんが思っていたものとは全く違うものが出来ていました。
更に当初85万円だった見積りが130万円にまで膨れ上がっていて、望んだリフォームは出来ていない、支払いは増えるという大失敗を起こしてしまいます。

この例でAさんが犯してしまった失敗は、3つあります。
リフォームはどんなことをすれば、あるいはどんなことをしなければリフォームの失敗が起こるのかははっきりとしているものです。
もちろん、リフォームに失敗する人にはちゃんとした理由があります。

リフォームに失敗する人の特徴

リフォームに失敗する人の特徴

リフォームの失敗は、いくつかの種類に分けられます。

資金面での失敗

1つは、資金面での失敗。
これは、実行するリフォームに対して資金が不足してしまいリフォームが不完全であったり、資金に余裕が出来た事で計画以外の不要なリフォームを実行して失敗するタイプです。

打ち合わせでの失敗

2つ目は、業者との打ち合わせ不足によるもの。
リフォーム業者は、依頼主から打ち合わせという形で希望を聞いてリフォーム形にしていきますが、希望をしっかりと伝えて業者と納得のいくまで話し合わないと、出来上がったものが期待通りになりません。
この失敗は初めてリフォームを行う人に起きやすいほか、他の失敗要素と組み合わさる事が多いので起きてしまうと大きな損害になる可能性があります。

業者選びの失敗

3つ目は、業者の質。
リフォームは建築の1つなので、工事には技術や経験が必要になります。
特にリフォームは既存の建物に対して変更を加えるという工事なので、建築としては1から建てる建物よりも難易度が高いものです。
また、リフォーム業者との打ち合わせも「担当者がどこまで依頼主の希望を理解できるか」という事がかかわってくるので、業者の質の良し悪しはリフォームの結果を左右します。

この3つの失敗をしやすい人は簡単に言えば、「下準備や選択をせずに実行してしまうせっかちな人」、まさにAさんのような人です。
このようなせっかちな人はリフォームの失敗を招きやすいので、上記3つは必ず知識として覚えておいて下さい。

言われるがままの失敗

もう一つ、リフォームを失敗しやすい人の特徴として、「意志の弱い人」が挙げられます。

リフォームは専門業者に依頼する事になりますが、業者としては作業量が多くなればなるほど利益になるものなので、時に「営業」をしてくる事も。
営業自体は悪い事ではないのですが、質の悪い業者は不必要なリフォームも進めてくる事があり、これに乗ってしまうとリフォームの失敗に繋がりやすくなるのです。

業者の営業はアドバイスになる事も多いのですが、言われるがままにリフォームをしてしまうと多額の費用を支払う事になったり、不要なリフォームのおかげで利便性を失う事になることがあります。

このケースで失敗した場合、いくら後悔しても大きな出費や元に戻すために新たにリフォームが必要になるなど、金銭面での損害が大きくなるので負担が激しく、解決も難しいものです。
「後悔先に立たず」とは言いますが、リフォームについては失敗してしまうと本当に後悔します。

費用面でのリフォーム失敗例

費用面でのリフォーム失敗例

リフォームで一番困る事になるのが、費用面での失敗です。

この失敗は後からじわじわと響いてくるものなので、最初は気づきにくいという特徴があります。
費用面の失敗とは、資金の調達方法に問題があった場合に起きやすいもので、銀行からの借り入れでリフォーム資金を調達した場合に起きやすいものです。

リフォームに掛かる費用は数百万円に及ぶことがあるので、十分な貯蓄がない限りはローンという方法で集める事になります。
ローンは利息が発生するので、リフォームに掛かった費用よりも支払いの総額は多くなるのです。

他のローンがあれば全体の返済額が増えるので、無理なローンを組むと将来的に支払いが滞り自己破産を招く恐れが出てきます。

家を建てる事よりは安いとはいえ、金額的には大きいので返済計画はしっかり立てておかないと、家計を破たんさせる事もあるものです。
実際にリフォームが原因で破産してしまう例もあるので、費用面での失敗は人生にも大きな打撃を与えるものだとよく理解しておかないと、大変では済まない自体に陥ります。

また、リフォームは当初の見積額を超えてしまう事も多いので、余裕をもった資金調達が出来ないと資金に困る事も。
予算に世痛が出来たからと不要なリフォームを依頼してしまうと、最終的に掛かる費用が大幅に増える結果を招くものです。

キッチンなどの水回りのリフォームは失敗しやすい

キッチンなどの水回りのリフォームは失敗しやすい

リフォーム事例の中で多いのが水回りのリフォームです。
水回りは他のリフォームと比べて失敗しやすいもので、水を扱う場所という生活の基盤となる部分を作り変える時に、作り変えた部分が期待通りに機能しない場合に発生します。

キッチンリフォームの失敗

特に多いのがキッチンのリフォームを失敗するという例です。
シンクの設置場所や配管の変更による水の使い勝手の悪さ、冷蔵庫などが搬入できなくなるなどの失敗が起きやすく、使えないキッチンが出来上がってしまいます。

キッチンリフォーム失敗は食事を作る場所や食事をとる場所の使いやすさを一気に落としてしまう事なので、この失敗をしてしまうと生活の根幹の1つである「食」が不便になるのが問題です。

キッチンリフォームを失敗した場合、その修復には大きな費用が必要になりやすいので、リフォーム業者と納得できるまで打ち合わせをするのが失敗しない方法になります。

風呂などの水回りは失敗すると生活がしにくくなる

風呂などの浴室関係のリフォーム失敗も大きな問題になります。

風呂関係で多いのが結露が出来る、あるいは結露の解消が出来ていないというもので、これは施工に問題があるので業者の質が悪い、無理なリフォームの強行などで発生するものです。

トイレが絡んでくるとより複雑な問題となり、トイレと風呂周りの動線が被ってしまい、プライバシーの確保が出来なくなり日常生活に障害が発生します。

どんなリフォームでも、なんらかの問題が起きればそれは失敗です。
失敗したリフォームはお金をかけて生活空間を改悪するという全く意味のない行為なので、絶対に避けなければいけません。

失敗しないリフォームの方法は?

失敗しないリフォームの方法

リフォームの失敗例はたくさん存在するのですが、どの失敗例も共通しているのがリフォームの知識不足と、業者との意思疎通の欠如、そして業者選びの失敗です。

つまり、これら3つの点を完璧に抑えておけば、リフォームの失敗が起こる可能性を限りなくゼロに近くする事ができます。

リフォーム業者選びで多くのトラブルは避けられる

リフォームの失敗をしないためには、リフォームが一体なんなのかを知識として持っておくべきです。
しかし、結局のところはどんなに知識を得たとしても、専門家でもない限りは素人にすぎないのもまた事実。
それでもある程度のリフォームに対する知識は必要なので、リフォームを行おうとする場所についての知識は最低限でよいので得ておくと、失敗のリスクを減らす事ができます。

さらに失敗をしないためには、リフォームを依頼する業者の選択が効果的です。

リフォーム業者は、どの業者も技術的には一定の水準を持ってはいますが、得意とするものや苦手とするものがある事も。
お金という意味でも、業者が違えば同じ条件のリフォームでも必要な費用が変わるので、安いリフォームを実現したいのなら業者の選択は必要になります。

また、質の良いリフォーム業者は何度でも打ち合わせに応じるものです。
打ち合わせは希望通りのリフォームには必須なので、何度も打ち合わせをするのが当たり前なのですが、質が悪い業者は打ち合わせを早々に切り上げようとしたり、回数が増えると難色を示します。

リフォームのGOサインであるリフォーム契約は、打ち合わせが終わってから行います。
打ち合わせに長い期間をかけても構わないので、納得できるまで打ち合わせをしてください。
質が良いリフォーム業者であれば、何度打ち合わせを行っても嫌な顔をすることなく対応してくれます。
業者が回数の多い打ち合わせを嫌がるようであれば、その業者は避けた方がよいと判断して構いません。

質の良い業者を選別することは、リフォームのトラブルを避けるという意味で最大限の効果を期待できるものです。
やり方としては一番簡単な方法でもあり効果的な方法なので、リフォームを行う時は業者選びにも力を注ぐようにして下さい。

●リフォームの一括見積もりで最大40%も安くなります

リフォームを行う際には、色々な業者と比較する事をオススメします。 業者を比べる事で、数十万円単位で安くなった事例は多くありますので、リフォームを行う際には、注意するようにしましょう。

タウンライフリフォーム

【タウンライフリフォームのメリット】

  • 国家基準の審査を通った業者が300社以上登録
  • 複数の業者と比較をして適正価格にて施工が可能
  • オリジナルのリフォームプランの提案書
  • 専門家のリフォームアイデア・アドバイスがもらえる
  • しつこい営業が一切ない
  • 最初から最後まで完全無料

>>最大40%安くなる無料一括見積もりを試してみる。