リフォームの仕上がりが悪い

リフォームは計画を立て、その計画をリフォーム業者との打ち合わせで形にしていく事で実現します。

しかし、計画を立てると言っても、建築関係の仕事をしていない人が作った計画は、多くの場合で漠然としたものです。
その漠然としたものをリフォーム業者がうまく形にしていく事が必要と言えます。

それがリフォーム業者の仕事の一つでもあり、良いリフォームを実現するために必要な「リフォーム業者の能力」です。
しかしながら、時には上手くリフォーム業者に伝わっていない事もあります。

また、リフォーム業者は新築の家を建てるよりも技術が必要な事が多く、リフォーム業者に相応の建築技術がなければ良いリフォームにはなりません。

この他にも、リフォームを成功させるには欠けてはいけない事がいくつかあり、それが1つでも欠けてしまうと仕上がりの悪いリフォームになってしまう事があります。

仕上がりが悪いリフォームは他人事ではない

仕上がりの悪いリフォームになる事はそう多い事ではありませんが、「必ずどこかで起きていて、それが問題になっている」事は事実です。

リフォームのトラブルは、分っているだけでも年間に6,000件から7,000件も報告されています。
その多くが契約に関するものですが、リフォーム完了後の仕上がりに関するトラブルも報告されているので、現実に起きている事であるのは間違いがありません。

自分だけは大丈夫という考えを持っていたり、そう簡単には遭遇しないだろうという軽い考えを持っている人に限って遭遇してしまうものです。

常に警戒をする事はありませんが、そういう事が起こり得るという事を理解しておかなければなりません。
また、希望通りのリフォームを実現するにはどうすれば良いのかを念頭に置いて、リフォームを進める必要があります。

仕上がりが悪い=失敗ではない事もある

リフォームの仕上がりが悪ければ、依頼した方からすると失敗に見えてしまうものです。
しかし、それは「失敗」とは言えないケースも存在します。

リフォームはどんなものでも可能であるわけではなく、出来ない事も沢山あります。
「出来ない事」がある理由の主なものは、リフォームする建物の構造的な問題や強度、立地などの影響です。

業者によっては、これらを無視してリフォーム工事をしてくれる所もあります。
しかしながら、無理なリフォームを強行すれば、その仕上がりが良くないのも当たり前のようにに起きます。

つまり、利用者側が本来無理なリフォームを業者に求めて、それが実行された場合は、仕上がりが悪くなっても仕方がないという事です。
リフォーム業者に無茶な要求をして、それが受け入れられたとしても良い仕上がりのリフォームになる事は少なくなります。
失敗をするようなリフォームの要求をしている場合は、仕上がりが悪い事が必ずしも失敗とは言えないのです。

リフォームが明らかに仕上がりが悪い場合は?

リフォームが明らかに仕上がりが悪い場合

無茶な要求もしてなく、リフォーム業者とも十分に打ち合わせをしたにも関わらず、希望通りのリフォームになっていなかった場合、それは明らかに失敗しているリフォームです。

ただ、なぜ失敗したのかは、この時点では宙に浮いている状態なので、まず何が原因でリフォームが失敗しているのかをつき止める必要があります。
打ち合わせを十分に行っている場合は、基本的にリフォーム業者側の責任である事が多いので、話し合いをして今後どうするかを決める事になります。

失敗したリフォームのやり直しはできる?

リフォームが失敗してしまった場合のやり直しは出来ますが、「できる」事と「行われる」事は別問題です。

リフォームが失敗して望み通りのものが得られなかった場合は、「リフォーム前の状態に戻す」か「リフォームをやり直して希望通りのものに近づける」かの2択になります。

しかし、どちらの選択も工事を行うのはリフォーム業者なので、リフォーム業者が失敗の非を認めなければ紛争になり、解決されるまでは失敗した状態のまま放置される事がほとんどです。

解決の手段は話し合いが主なものになりますが、話し合いで解決が出来ない時は民事裁判を起こすしか方法が無くなります。
リフォームが失敗している部分は放置されるので、他のリフォーム業者に依頼して元に戻すか、予定しているリフォーム工事を行って裁判で費用を請求する事になりますが、判決が出るには数年が必要です。

リフォーム業者が非を認めた、あるいは仕上がりが希望と違う事に対して工事のやり直しを保障している場合は、元に戻すか工事をやり直すかの2択です。

工事をやり直す事を選択した場合は、再び同じ事が起きないように、さらに打ち合わせを重ねてから再工事になります。
改めて希望の聞き取りと打ち合わせを業者側と行うので、時間が必要です。

仕上がりの悪いリフォームにならないための対策

仕上がりの悪いリフォームにならないための対策

仕上がりの悪いリフォームにならないためには、いくつかの条件が必要です。

まず、リフォームを行う建物に問題がない事。

建物に問題があればリフォーム工事に耐えられず危険を伴いますし、リフォーム工事をする事で建物の強度が落ちる様ではリフォーム自体の意味がなくなります。

次に、立地に問題がない事。

立地に問題があるというのは、周辺環境への影響があるという意味も含まれます。
近所との騒音トラブルでリフォーム工事が出来ない場合や、使用する建材で美観が損なわれるなどのトラブルが起きる可能性があるので、リフォームする建物の立地も影響するのです。

最後に、業者選びをしっかり行う事。

リフォームを依頼する側は建築の素人である事が多いので、業者側に無理な注文をする事があります。
まともなリフォーム業者であれば、無理な注文を顧客から希望されても理由を説明した上で「できない」とはっきり伝えてくるものです。
それでも無理に要求するのであれば、可能な範囲で代案を提示して妥協が必要であること、強行した場合は危険がある事を理解してくれるまで説明してきます。

リフォーム業者選びは慎重に行おう

失敗しないリフォームを目指す上で一番有効なのが、良いリフォーム業者を選択する事です。

リフォーム業者の質が良ければ、無理な注文には説明と代案を出してくれますし、建築技術もあるのでリフォームの失敗が起きる確率も大幅に減らせます。

良いリフォーム業者を探す方法は、ネット上の評判などを見て探す方法があります。
しかし、この場合は見つけた業者に、1社づつ電話やメールで連絡をする必要があるので時間が掛かります。

しかし、ネット上にはリフォーム業者探しにも使える一括見積もりサービスがあるので、これを利用すると数分で業者探しが終わります。
一括見積もりサービスは何度使っても完全無料の上、リフォーム業者の評判や施工例、相場などの情報も掲載されているので、リフォームを考えている人全てに有用です。

また、一括見積もりサービスは悪質業者が入れない仕組みになっているので、質の悪い業者に引っかかる可能性も小さく出来ます。
複数の業者から見積もりを取って、見積額を比べるとリフォーム費用も抑えられるので、リフォームの失敗だけではなくコストを抑えたリフォームも実現しやすく出来るサービスです。

●リフォームの一括見積もりで最大40%も安くなります

リフォームを行う際には、色々な業者と比較する事をオススメします。 業者を比べる事で、数十万円単位で安くなった事例は多くありますので、リフォームを行う際には、注意するようにしましょう。

タウンライフリフォーム

【タウンライフリフォームのメリット】

  • 国家基準の審査を通った業者が300社以上登録
  • 複数の業者と比較をして適正価格にて施工が可能
  • オリジナルのリフォームプランの提案書
  • 専門家のリフォームアイデア・アドバイスがもらえる
  • しつこい営業が一切ない
  • 最初から最後まで完全無料

>>最大40%安くなる無料一括見積もりを試してみる。