アイランドとペニンシュラのキッチン

キッチンの代表格であるアイランド型とペニンシュラ型は、「キッチンが壁についているか否か」の違いでしかありませんが、その価格差はハッキリとしています。

なぜアイランド型とペニンシュラ型に費用差が生まれるのかは、施工の方法や必要な機器の価格が大きく影響しているためです。
どちらのタイプもメリットもあればデメリットもあるものですが、価格差が生まれる理由とどちらを選ぶべきか、価格の目安を挙げるので参考にしてみてください。

アイランドとペニンシュラの違いは?

アイランド型とペニンシュラ型の大きな違いは、キッチン本体が壁に付いているか、付いていないかです。

ペニンシュラ型はキッチンの左右どちらかが壁にくっついているタイプで、半島という意味を持つ対面式キッチンになっています。
ちょうどコンビニエンスストアのレジのような形になっていて、収納を多く設けられるという特徴を持っているので人気のあるキッチンです。

アイランド型はその名の通り「島」を意味するもので、キッチンが壁に付いていないタイプの独立したキッチンになっています。
台所が広く使える他、ペニンシュラ型のように対面式としても使え、見た目も悪くないので、来客時に台所がそのまま接待をする場にも出来るキッチンです。

どちらにもメリットとデメリットがあるので、家の構造やどんなキッチンルームを求めるかによって選択する必要があります。

アイランドとペニンシュラのキッチンはどちらが良い?

アイランド型とペニンシュラ型では、ハッキリと機能性に違いが出ます。

システムキッチンとしての能力はどちらも同じで、コンロとシンクがあり、必要最低限の収納スペースもあるので、洗い物や料理をするには困りません。
しかし、アイランド型とペニンシュラ型では、基本機能以外の部分で大きな差があります。
そのため、その差をよく吟味した上で決める必要があります。

見た目も機能も優れるアイランド型のキッチン

アイランド型は、システムキッチンが完全に独立しているため、キッチンが広く使えるという他のタイプでは実現しにくい特徴を持っています。

高級感のある見た目なので人気が高く、キッチン全体が広くなるので動線を塞がず、調理中の移動が楽になる移動面の機能に優れるタイプです。
椅子の設置場所次第ではカウンターのようにも使えるので、バーとして使う事も出来ます。

スペースを活用できるペニンシュラ型のキッチン

ペニンシュラ型は、システムキッチンの左右どちらかが壁と隣接しているので、動線が制限されますが、その分収納場所を多く確保出来ます。

キッチンの戸棚以外にも工夫次第で多くの収納を作れる他、冷蔵庫や電子レンジなど調理に必要な家電製品を設置する場所も確保出来るので、調理機能が高いキッチンです。
ペニンシュラは対面式なので、テーブルの置き方や椅子の置き方を工夫すると、色々な場面に対応出来るようになります。

アイランドとペニンシュラの注意点

アイランドとペニンシュラの注意点

アイランド型もペニンシュラ型も優れている部分はあるのですが、同時にそれぞれのデメリットとなる事もあります。
キッチンの場合、どちらを選ぶかは優れている部分よりも、デメリットを重視した方が良い場合も多いものです。

アイランドを選択した時の注意点

アイランド型はキッチン全体を広く使えるのですが、冷蔵庫などの食材を保管している場所までが遠くなりやすく、何をするにも移動が伴う事が多くなります。

動線を塞がないというメリットはありますが、それが逆にデメリットとなる場合があるので、家電製品などの配置場所を工夫しないと不便です。
また、他のタイプと比べてシステムキッチン以外の部分に費用が掛かるので、リフォーム費用が高額になりやすい選択になります。

ペニンシュラを選択したときの注意点

ペニンシュラ型は収納を多く設けられるのですが、計画をして物を置かないと動線を塞いでしまい、キッチンの機能を大きく損ねてしまう事があります。
また、システムキッチンと背面の壁までの広さが狭いと、一気に使い勝手が悪くなるのもデメリットです。
費用面ではアイランド型よりも安く出来ますが、収納スペースの増やし方次第では費用が大きくなります。

ペニンシュラとアイランドのキッチンの価格の目安

ペニンシュラとアイランドの価格の目安

リフォームによるペニンシュラとアイランドの設置費用は、工事の内奥と付属機器によって大きく変わりますが、アイランドタイプの方が高くなる事がほとんどです。
なぜアイランドタイプが高くなるのかは、キッチン自体の価格よりも工事費用やフードなどの価格が影響しています。

アイランド型のキッチンはおおむね150万円以上

アイランド型のキッチンを選択する場合、その費用は150万円以上かかる事が多くなります。
費用が高い理由はリフォーム工事が大がかりになりやすい事と、レンジフードなどの価格が高いころが理由です。

アイランドタイプは水道管や下水管の工事が必須である他、レンジフードなどの付属機器がペニンシュラに比べると10万円ほど高いので、150万円を超える事も出てきます。
キッチンの中では高額費用になるものなので、ある程度の予算を揃えられないと実現も難しい選択です。

ペニンシュラ型のキッチンは60万円程度から選択できる

ペニンシュラの場合は、設置場所を選べば配管類の工事をする必要はありません。
また、レンジフードなども通常品が使えるので、安く抑えようと思えば総額で60万円以下に抑えられる事もあります。

どちらを選択してよいのかは価格面でも考えないといけないので、キッチンリフォームはあまり焦らずに、1つづつ決定してリフォーム計画を進めてみて下さい。

●リフォームの一括見積もりで最大40%も安くなります

リフォームを行う際には、色々な業者と比較する事をオススメします。 業者を比べる事で、数十万円単位で安くなった事例は多くありますので、リフォームを行う際には、注意するようにしましょう。

タウンライフリフォーム

【タウンライフリフォームのメリット】

  • 国家基準の審査を通った業者が300社以上登録
  • 複数の業者と比較をして適正価格にて施工が可能
  • オリジナルのリフォームプランの提案書
  • 専門家のリフォームアイデア・アドバイスがもらえる
  • しつこい営業が一切ない
  • 最初から最後まで完全無料

>>最大40%安くなる無料一括見積もりを試してみる。