ハーフユニットバスの価格

ハーフユニットバスは、機能面とコストのバランスが良く、多くの住宅で使われているユニットバスの一種です。
工場で生産されるため、ユニットバスと同じくプラモデルのように組み立てが簡単である事から、特にコスト面で優れています。

使い勝手も良く、設置場所も自由度が高いので、自分好みの浴場を作る事にも適していますが、設置の仕方によっては高コストになる事もあるものです。

ハーフユニットバスの設置は、計画次第でリスクを伴う事になるので、ハーフユニットバスの種類と設置した時に掛かる費用、設置に関しての注意点を挙げます。
これからリフォームなどでハーフユニットバスの設置を考えているのなら、参考にしてみてください。

ハーフユニットバスとは何か

ハーフユニットバスとは、ユニットバスの亜種のようなものです。
ユニットバスとの大きな違いは、ボックス型になっているユニットバスに対して、床と浴槽が一体型になっているだけのシンプルなものになっています。

形状としては「ユニットバスの下半分」になっているので、設置にある程度の空間を必要とするユニットバスとは違い、狭い場所にも設置出来るのがメリットです。

工場で生産されるために、価格が安く設置も配管を通せば良いだけなので、コスト面で優れています。
また、ハーフユニットバスは選択肢がとても多いので、好みのものを選べるというメリットもあります。
色から浴槽のサイズまで様々なものがあるので、ハーフユニットバスをベースに思い通りの浴場を作れるのも特徴です。

ハーフユニットバスとユニットバスの違いは?

ハーフユニットバスとユニットバスの一番の違いは、浴場としての機能がそれ1つで機能するかしないかの差です。
ユニットバスの場合は、配管を繋げばそれだけで浴場として機能します。
しかし、ハーフユニットバスの場合は配管を繋げれば「風呂」にはなりますが、「浴場」にはなりません。
言ってみれば、ハーフユニットバスは浴槽と床がセットになっているだけのものなので、それだけでは浴場にならないのです。

ハーフユニットバスは、壁や天井のリフォームもセットで行うのが基本なので、浴場全体のリフォームになると考えておいて下さい。

各ハーフユニットバスのメーカーと価格・費用

ハーフユニットバスの主なメーカーは、以下の通りです。

LIXIL

住宅用建材や住宅設備の専門企業で、テレビCMでも見かける事のあるメーカーです。
ハーフユニットバスは「ユニバス」という商品名で販売しています。
色やサイズに幅があり、オプションで折り戸も付けられるので組み合わせも豊富です。

価格は19万円から57万円で、コストを抑えるなら第一の選択肢になります。

TOTO

便器のイメージが強いかもしれませんが、水回り関係の住宅機器を多く販売している総合メーカーです。
ハーフユニットバスはHarf Bath 08という商品名で販売しています。
デザインが良いのが特徴で、それ自体はシンプルなのですがどんな浴室にも出来る汎用性の高さが特徴です。

価格は45万円から180万円と、ハーフユニットバスとしては高価な部類ですが、その分機能性が高くなっています。

日比野化学工業株式会社

余計な機能を一切付けないシンプルさが特徴のハーフユニットバスを販売しているメーカーで、テレビのリフォーム番組でも使用される事もあります。
オーダーメイドができるメーカーで、1つから注文出来るために、リフォームに合わせたものを作る事ができるのが特徴です。
既製品もあり、デザインがシンプルなのでどんな浴室も作れます。

基本的にオーダーメイドが主体なので、価格は注文するハーフユニットバス次第で決まります。

サンワカンパニー

規則正しい美しさのあるデザインが特徴のメーカーで、オプションも豊富なのが特徴です。
ルッソハーフという商品名で販売されていますが、定期的にモデルチェンジがあるので、旧モデルが安く購入出来る場合もあるようです。
このメーカーは自社組み立てと設置がセットなので、地域によっては販売対象外である場合があります。

価格は55万円と59万円の2種類で、それぞれ広さが違います。

ハーフユニットバスのメリット・デメリットは?

ハーフユニットバスのメリット・デメリット

ハーフユニットバスのメリット・デメリットを記載していきます。

ハーフユニットバスのメリットと施工例

ハーフユニットバスの最大のメリットは、その選択肢と浴場づくりの自由度の高さです。

選択出来るのは、広さと色・機能の3つで、メーカーにもよりますが、既製品であれば色は2~6色、オーダーメイドの場合は色の選択肢がさらに増えます。
広さは、基本的に1坪から1.25坪のどちらかになりますが、オーダーメイドであれば広さも指定出来るので自由度が高めです。
機能はジェットバスなどが用意されているので、予算に応じて浴槽や浴場としての機能を追加できます。

実際のリフォーム施工例は、浴場の完全リフォームに使われる事が多い様で、在来工法で作られた浴場をリフォームする時の定番です。
定番になっている理由は、ハーフユニットバスが浴場の下半分だけのユニットである事で、浴場の下部分だけのユニットなので、浴場の壁や天井を在来工法によって自由に作れます。
下にハーフユニットバスを設置し、上部分はタイルを張る、浴場用の壁紙を貼る、木を張り付けるなどが出来る他、天井に天窓を設置して解放感を出すなど、施工によって色々な浴場が思いのままです。

ハーフユニットバスのデメリット

メリットも多いハーフユニットバスですが、デメリットもあります。
デメリットが発生する大きな理由は、「ハーフユニットバス」である事が最大の理由で、その特徴でもあり、メリットでもある事がデメリットを生む原因にもなっています。

ハーフユニットバスを選択する時は、メリットだけではなくデメリットも理解しておかないと、費用が高くなってしまいます。
そのため、リフォーム業者との入念な打ち合わせと、妥協できる部分は妥協することが必要です。

「納まり」が悪いと高コストになる

ハーフユニットバスの一番のデメリットが、「納まり」の問題です。

ハーフユニットバスは、基本的に在来工法で作られた浴場のリフォームで使用されますが、在来工法で作られた浴槽は、時にハーフユニットバスのサイズに合わない事があります。
ハーフユニットバスがリフォームをする浴場に合わない場合、「納まり」が悪くなるのでハーフユニットバスの大きさに合わせて浴場を作り変えないと設置出来ません。

こうなると高いリフォーム費用になる事が多くなるので、ハーフユニットバスは「納まり」が大事な要素になります。

浴場の修正が難しい場合は、ハーフユニットバスを浴場に合わせて作るオーダーメイドという方法を選択します。
オーダーメイドでハーフユニットバスを作る場合も費用が高くなりやすいのですが、浴場の修正リフォーム費用に比べれば安価です。
ただし、オーダーメイドも内容次第では高額になるので、浴場の修正リフォーム費用とハーフユニットバスのオーダーメイドの費用を最初に見積りで比べてから決断してください。

ハーフユニットバスの設置にかかる費用

ハーフユニットバスの設置にかかる費用

ハーフユニットバスを設置する場合、その本体価格と工事費等、場合によっては付帯工事が必要になるため、本体価格+工事費用が設置にかかる費用です。

工事費用はリフォーム業者によって変化しますが、ハーフユニットバスのメーカーが工事をする事もあります。
この場合は工事費用が固定されていますが、工事内容によっては増額されるケースもあります。

おおよその目安は50万円から200万円で、選択したハーフユニットバスの価格が大きく影響するので、価格の高いハーフユニットバスを選択すればその分だけ費用も高くなると考えておいて下さい。

ただし、ハーフユニットバスの設置はリフォームの中でもコストを抑えやすい方なので、選択次第では安い値段での設置を目指す事もできます。

選択次第でコストは下げられる

ハーフユニットバスの設置コストを下げるのに一番効果的なのは、ハーフユニットバス自体の価格を安いものにする事です。

コストの内訳はその殆どがハーフユニットバスの本体価格なので、本体か買う自体を安くしてしまう事が一番コストを抑える効果があります。
価格の高いものはその分高機能ではありますが、デザインや使いやすさはどの製品も変わらないので、余計なこだわりを捨てて基本的な浴場にする事が価格を抑える事に繋がるものです。

ただ、お風呂というのは疲れを癒しリラックス出来る場でもあるので、安さに拘るか、性能や機能に拘るかは、好みで選択した方が後で後悔しにくくなります。

格安のハーフユニットバスを探す方法

安さを求めつつも機能も欲しい場合は、格安のハーフユニットバスを探すという方法もあります。

見つけ方はいくつかありますが、簡単なのはネットを活用した方法です。
ネット上には住宅機器を取り扱う業者が大幅な割引をしている場合があり、時々ハーフユニットバスも格安で販売されるケースがあります。
また、メーカーがモデルチェンジを行う際に、旧モデルが格安で販売される事があるので、ハーフユニットバスを製造しているメーカーのサイトを見てモデルチェンジがあれば探してみるのも手段の1つです。

他の手段としては、ネット通販で探すという方法もあります。
ハーフユニットバスは通信販売でも購入出来るのですが、、製品によっては通常の2割から5割引きで販売されている時や、稀に5割引き以上の大幅な値引きがされているものが見つかります。

格安のハーフユニットバスを探しには、ネットを利用するのが一番簡単です。
リフォームの専門サイトやリフォームの一括見積もりサイトなどにも情報が掲載される事があるので、こまめにチェックしておくのも安いハーフユニットバスを入手する確率を上げてくれます。

ハーフユニットバスを安く設置する方法

安さを求めるのなら、格安のハーフユニットバスを探すのも有効なのですが、さらに安くする方法もあります。
いくつかの方法はありますが、一番おすすめ出来るのが一括見積もりの活用です。

一括見積もりは、対応地域内のリフォーム業者を複数リストアップしてくれるネット上のサービスで、同時に見積りも申し込む事が出来ます。
業者探しの手間も省ける他、複数のリフォーム業者に見積もりを依頼する事で、各業者の見積額を比べて安い見積もりを出した所を選択すれば、リフォーム費用を大きく下げる事に繋がるのです。

行う事は簡単ですが、その効果は十万円単位で安くなるという大きなものになります。
リフォームの一括見積もりは何度使っても完全無料で、一切料金はかからずリフォームに関する情報も得る事が出来ます。
お試しで使う事も出来るので、リフォームを考えているのなら活用して安く質の良いリフォームを目指してみて下さい。

●リフォームの一括見積もりで最大40%も安くなります

リフォームを行う際には、色々な業者と比較する事をオススメします。 業者を比べる事で、数十万円単位で安くなった事例は多くありますので、リフォームを行う際には、注意するようにしましょう。

タウンライフリフォーム

【タウンライフリフォームのメリット】

  • 国家基準の審査を通った業者が300社以上登録
  • 複数の業者と比較をして適正価格にて施工が可能
  • オリジナルのリフォームプランの提案書
  • 専門家のリフォームアイデア・アドバイスがもらえる
  • しつこい営業が一切ない
  • 最初から最後まで完全無料

>>最大40%安くなる無料一括見積もりを試してみる。