初めてのリフォーム

リフォームは決して安いお金で行えるものではありません。
ごく簡単なものであれば数万円でもリフォームが出来ますが、本格的なリフォームになれば100万円前後やそれ以上の費用を必要とします。
また、生活空間を作り変えるのがリフォームなので、失敗してしまうと生活に向かない住空間になってしまう可能性もあります。

リフォームはやるからには絶対に成功させる必要があるのですが、初めてリフォームを行う人は知識不足や業者任せにしすぎて失敗する事があります。
初めてのリフォームでも失敗しないためには、知識と良い業者という2つの要素と、本当に必要なのかを考える事が必要です。

初めての方へのリフォーム基礎知識

初めてリフォームを行う場合は、「リフォームの価格」「リフォーム業者選び」「計画を立てる事」の3つの重要性を知る事が必要です。
これはリフォームにおいての基礎知識となるもので、知っているだけで失敗する可能性は大きく減らす事が出来ます。
一見すると面倒で難しそうに感じるかもしれませんが、中身は日常生活において当たり前の事ばかりです。
内容的に難しいものではないので、ぜひ覚えておく事をおすすめします。

リフォーム価格の注意点

リフォームにはある程度の基準となる価格が存在します。

リフォーム価格が決まるのは、リフォームしたい場所を業者に見せる「見積り」というものが行われた後です。
見積りが終わると、リフォーム業者は「見積書」という必要は費用を書いたものを渡してきます。
これが事実上のリフォームに必要な費用になるのですが、リフォームには「相場価格」というものが存在します。

相場価格は、リフォーム業者が実際に行った事例と費用をまとめたものから出される「リフォームに必要はお金の目安」です。
リフォームは拘りがあり、業者に建材や作業の注文をしない限りは、多くの場合で相場価格内で収まります。
しかし、時に何も注文していないのに相場から大きく外れた高い見積額になる事もありますが、相場価格を知らないと「高い見積額」が出たことにさえ気付けません。

相場価格はネットで調べると簡単に知る事が出来ますが、リフォームの相場価格を活用するにはリフォーム業者の出した「見積額」が複数必要です。

相場価格をうまく使い、安くリフォームを行いたいのであれば、まずは複数のリフォーム業者から見積り額を取ってみてください。
リフォーム業者の見積り自体は無料で行われるので、お金が掛かる事はありません。
その上で、リフォーム業者の提示した見積額を考えていきます。

業者の提示したリフォーム価格の扱い方

リフォームは作り変える場所によって基準となる価格があります。

一戸建ての場合は水回りでおよそ100万円以内、居室や廊下などで150万円以内に収まる事がほとんどです。
自分でリフォーム業者に高い建材などを注文していない限りは、和室から洋室、あるいは洋室から和室への変更も100万円を超える事は稀と言えます。

室内のリフォームは、1つの場所につき200万円以内で収まる事がほとんどなので、業者の見積りがリフォーム1か所に付き、200万円を超えている様なら要注意です。
室内リフォームは価格の中央値が60万円から80万円程度なので、高額な見積りが出た場合は業者の言うがままに計画をしていないかを確認してください。

外壁などの外のリフォームは、室内のリフォームに比べると高い価格になります。
外壁塗装や屋根の塗装は、使用する塗料や足場の高さ次第では200万円を超えますが、塗料を中程度の質にすると価格と性能のバランスが取りやすくなります。
ただし、外壁塗装や屋根塗装は塗料をあまり安いものにしると耐久性に問題が出るので、耐用年数が10年以上の塗料を選択してください。

外壁塗装や屋根塗装もあまりに価格が高い場合は、使用されている塗料や足場の使用料、塗装ではなく外壁や瓦の交換になっていないかを確認して下さい。
もし見積書に書かれていない場合や、指定していないのに最高級の塗料を使っている場合は要注意です。

また、初めてのリフォームでは、業者に希望するリフォーム内容をうまく伝えられていない事があります。
希望を伝えて業者が正しく理解する事は、適正な見積額を得るためには必要です。
高い見積額だと感じたら、自分が求めているリフォーム内容が業者に伝わってるかを確認して下さい。

初めてのリフォーム業者の選び方

リフォームはどうしても悪質業者のリスクが出ます。
リフォーム業界にも迷惑な話で、ごく一部の悪質業者の存在で、質の良いサービスを適正価格で提供しているリフォーム業者も警戒されることも珍しくありません。
しかし、利用者としては「騙されない」「適正価格で質の良いリフォームを行う」事が優先されるので、業者を警戒する事は必要です。
あまり警戒しすぎるとリフォーム業者が選べずに進まなくなるので、ほどほどにしておく必要はあります。
しかしながら、業者選びは厳しい目で進めてく事が求められます。

悪徳業者を避けるためには?

リフォーム業者の中には「危ない」業者も存在します。
危ないの意味は色々とありますが、手抜き工事が多い業者であったり、通常より高い費用を請求してきたり、倒産寸前で業務自体が滞っていたりと様々です。

危ない業者に引っかかってしまうと、悲惨な末路が待っています。
リフォーム工事が始まってしまうと、法的にはリフォームをしている部分は「業者の持ち物に近い状態」になってしまうので、万が一工事中に業者が倒産してしまうとほぼ泣き寝入りです。

こうなるとリフォーム前に戻す、リフォームを完成させるといった解決方法はまず出来なくなるので、自分で費用を出して修復しないと住めない空間のままになってしまいます。

「危ない業者」を避ける方法は自分の目で確認する方法しかないのですが、一見しただけでは分かり辛いので、知らないうちに危ない業者にリフォームを依頼してしまう事もあります。

見積りは複数のリフォーム業者から取る

リフォーム業者の選び方は口コミや知名度で選択するのも良いのですが、見積りを依頼して確かめるのが一番確実な方法です。

よさそうなリフォーム業者に見積りを依頼して、見積額や見積り中の態度、説明などを自分で確かめる事は口コミや業者の規模よりも正確です。
自分の目で確認する場合は、複数のリフォーム業者から見積りを取るのが鉄則と言えます。
複数業者から見積りを取る事と、リフォーム業者間の査定額を比べられるので高い査定額を出している業者や異常なほど安い査定を出した業者を利用の候補から排除する事も出来ます。

複数のリフォーム業者から見積りを取るには、ネット上の無料サービスである一括査定が便利です。

一括査定は、対応地域内のリフォーム業者が自動で候補として提示される他、悪質な業者や危ない業者は排除されているので、安全な業者選びも出来ます。
また、複数のリフォーム業者に見積りを依頼する事で、業者間の見積り額を比べる事も可能です。
見積額を比べて、適正価格内で安い見積額を提示したリフォーム業者を選べば、価格が安く質の良いリフォームも実現しやすくなります。

一括査定は使い方も簡単で、リフォーム経験のある人なら使っている事が多いものです。
初めてリフォームを行う人にとっては、強い味方になってくれます。

本当にリフォームが必要かをよく考える

リフォームで一番大事なことは、不要なリフォーム、現実的ではないリフォームは行わない事です。
「不要なりフォーム」とは、現在のままでも生活に不都合が起きない状態、または急いで行う必要のないリフォームの事を指します。
気分を変えたいためのリフォームや、少々の工夫で使用感を改善出来るのであれば、リフォームを行わないという選択肢も当然考える必要があります。

費用面が現実的ではない場合もリフォームは不要です。
この場合は、「不要」というよりは「まだその時期ではない」というべきなのですが、費用が捻出出来ないのに、無理にリフォームを強行してその後の生活に経済面で影響が出ては意味がありません。
特にローン前提のリフォームは返済があるので、無理に進めてしまえば財産を失う事にもなりかねません。

リフォームは生活空間を作り変え、お金も掛かるものなので、実行する前にもう一度「本当に実行していいのか」を考える必要があります。

不要なリフォームは住みにくさの元

リフォームの目的の1つは、住みにくい環境を住みやすく作り変えるという事が挙げられます。
これはリフォームを行う上で一番の理由になるものですが、もし現状のままでも不便がないのであれば、そのリフォームは不要なのかもしれません。

不便のない状態の部屋などをリフォームしてしまうと、かえって使い辛くなってしまう事もあります。
気分を変える目的でのリフォームももちろん理由としては十分なのですが、特に不便もなく急いで行う必要のないリフォームは行うかどうかを慎重に判断してください。

不要なリフォームを無理に実行してしまうと、住みにくい家になってしまう事があります。

初めてのリフォームまとめ

リフォームを計画する際には、「どこに」「どんなリフォームが必要なのか」をよく考えておく必要があります。
これは不要なリフォームを行わないためにも必要な事で、本当に必要なリフォームを優先させて生活環境の改善を優先する意味も持っています。

複数のリフォーム案がある場合は、優先度を決める作業にもなるので、リフォームを計画する時には計画したリフォームが本当に今すぐ必要なのかをよく検討してください。

リフォームの計画や、リフォームそのものを実行して良いかを考えるには、経験と知識が必要なこともあります。
初めてリフォームを行おうとする人には難しい場合もあるので、判断に悩むのであればとりあえず見積りだけは受けてみて、リフォーム業者に相談してみるのも良い方法です。

一括査定サービスにはリフォーム経験者や専門家に相談できたり、困ったときのTIPSが掲載されていることもあります。
リフォームが初めての人にとっては貴重な情報源にもなり得るので、情報が欲しい時は相談してみるのも良いでしょう。

ただし、一括査定や掲示板でリフォーム相談をする場合には、その掲示板のルールに従ってください。
ルールからそれていると、質問をしても無視されてしまいます。

リフォームは、初めて行う人にとってはなかなか勇気がいる判断です。
どんな手段をつかっても多少のリスクをはらんでいるものなので、決断をするには思い切りが必要な事もあります。
しかし、慎重になりやるべき事をしっかりと行っていれば、ほとんどのリスクは回避出来ます。

決して無理をしない、分からなければ決断しない、情報をあつめて相談をする事が、初めてのリフォームを成功に導いてくれます。

●リフォームの一括見積もりで最大40%も安くなります

リフォームを行う際には、色々な業者と比較する事をオススメします。 業者を比べる事で、数十万円単位で安くなった事例は多くありますので、リフォームを行う際には、注意するようにしましょう。

タウンライフリフォーム

【タウンライフリフォームのメリット】

  • 国家基準の審査を通った業者が300社以上登録
  • 複数の業者と比較をして適正価格にて施工が可能
  • オリジナルのリフォームプランの提案書
  • 専門家のリフォームアイデア・アドバイスがもらえる
  • しつこい営業が一切ない
  • 最初から最後まで完全無料

>>最大40%安くなる無料一括見積もりを試してみる。