団地の浴室リフォーム

団地のリフォームは、場所によっては一部可能な場所がありますが、その中の1つが浴室です。

浴室は団地リフォームの定番とも言えるもので、旧式の風呂釜の交換や浴室全体を新しくして、マンションや一戸建てと同じような浴室に変える事も出来ます。
浴室のリフォームは出来る事と出来ない事がハッキリとしていて、必要な費用もできる事の内容によって変動していきます。
当ページにて、団地の浴室リフォームについて記載していますので、参考にしてください。

団地の浴室リフォームで出来る事は?

団地の浴室リフォームで出来る事は、浴槽の交換、風呂釜の交換、浴室内装の変更が主なものです。
団地の場合は配管を変える事は出来ないので、基本的に浴室内設備の交換と、浴室全体のタイル交換が選択肢になります。

基本的に団地ではユニットバスは使えない

団地の場合は、在来工法というコンクリートブロックなどで浴室を作る方法なので、現在のマンションやアパートでよく見られるユニットバスは、基本的に設置出来ません。
ただし、ハーフユニットバスであれば、マンション対応型の製品が設置できる場合があります。

団地の構造次第では、ユニットバスが選択肢になる場合もありますが、かなり稀な例なので期待はしないで下さい。

団地の浴室リフォームでのパネルの選択

浴室はタイル以外にも、浴室専用のパネルを使う事で浴室全体の印象を大きく変える事が出来ます。

外壁に使われるサイディングと言われるパネルと同じく色々な柄や色があります。
そのため、選択肢も多く、昔の団地にありがちな暗さを一掃することも可能です。

タイルとの併用も出来るので、組み合わせ次第で好みの浴室を作り上げる事が出来ます。

団地の浴室リフォームに掛かる費用は?

団地の浴室リフォームに掛かる費用

団地の浴室をリフォームした場合、浴槽の交換の有無と風呂釜の交換の有無で費用が大きく変化します。
また、付帯工事が必要になる場合もあったり、浴室の構造や浴室をどう変更するかによっても、費用は高くもなれば安くもなります。
そのため、選択次第では費用をする事も可能です。

バランス窯で変わる団地の浴室リフォームの費用

団地の場合は、バランス釜と言われるタイプの風呂釜がよく使われます。
しかし、古い団地は、壁を貫通していないものがあるので、壁を貫通させて使うタイプに変更する必要がある場合も出てきます。

貫通型の風呂釜に変更する場合、浴室全体のリフォームに掛かる費用はおおむね80万円から100万円程度です。
基本的な工事であれば100万円を超える事は少ないのですが、交換するバランス釜のグレードによって浴室のリフォーム費用は変動します。

団地の浴室リフォームは追加費用もあり得る

団地の浴室をリフォームする場合、団地の構造や強度によっては、付帯工事と言われるリフォームを勧めるために必要な別の工事をしないと工事が進められない事があります。

付帯工事が必要になった場合は、内容によって追加費用が掛かります。
しかし、付帯工事の費用はその時にならないといくら掛かるか分からないので、付帯工事が必要になった場合はリフォーム業者とよく相談してください。

団地の浴室リフォームで注意する事

団地の浴室リフォームで注意する事

団地のリフォームは、マンションのリフォームと同じような規制が掛かっているので、全てを自由に作り変える事は出来ません。
なぜ団地の場合は自由に作り変えられないかは、団地特有の「ルール」によって、リフォームに対する取り決めが存在するためです。

団地規約と浴室リフォーム

団地のリフォームで特に注意するべき事は、団地には「団地規約」と言われるルールが存在する事です。

団地規約とは、マンション標準管理規約(団地型)とも言われるもので、団地の維持や生活上の管理をするために定められます。
内容は基本的にマンションと同じで、団地内の共有部分と専有部分を決めているのもこの団地規約です。

団地をリフォームする場合、リフォームをする場所が専有部分であることが条件になっています。

浴室は基本的に専有部分とされているので、リフォームをする事が出来ます。
しかし、マンションと違い室内の壁を壊すと言った事が出来ない事があるので、浴室を広げるリフォームはほぼ不可能です。
団地規約次第では浴室を広げる事も出来る事がありますが、かなり稀なケースです。

団地規約を無視して浴室リフォームをすると?

もし団地規約を無視してリフォームをした場合、発覚した時点で元に戻すように管理組合から宣告されたり、他の住人とのトラブルの元になりかねません。

無視をすれば最終的に退去せざるを得なくなる他、元に戻す責任がなくなるわけではありません。
そのため、退去後に元に戻すための費用を請求され、最悪の場合は裁判を起こされる場合もあります。

通常はリフォーム業者が規約を確認するので、規約を無視したリフォームは注文をしても、その時点でリフォーム業者が施工を行いません。
しかし、リフォーム業者が確認をしないなどの理由で団地規約を無視してしまい、出来ないはずのリフォームが注文された通りに行われることもあります。

団地規約を無視したリフォームは確実に発覚するので、バレない事を前提にしたリフォームをすれば、必ずその責任を問われ大きな負担となりかねません。
団地規約を無視する事はとても大きなリスクを背負う事になるので、絶対に規約範囲内でのリフォームに留めておいてください。

●リフォームの一括見積もりで最大40%も安くなります

リフォームを行う際には、色々な業者と比較する事をオススメします。 業者を比べる事で、数十万円単位で安くなった事例は多くありますので、リフォームを行う際には、注意するようにしましょう。

タウンライフリフォーム

【タウンライフリフォームのメリット】

  • 国家基準の審査を通った業者が300社以上登録
  • 複数の業者と比較をして適正価格にて施工が可能
  • オリジナルのリフォームプランの提案書
  • 専門家のリフォームアイデア・アドバイスがもらえる
  • しつこい営業が一切ない
  • 最初から最後まで完全無料

>>最大40%安くなる無料一括見積もりを試してみる。