リフォームの挨拶

家をリフォームする場合、近所への挨拶回りが必要になる事があります。

挨拶回りで一番悩ましいのは、「挨拶をする範囲」と「手土産をどうするか」「熨斗(のし)は付けた方が良いのか」の3つが挙げられます。
当ページでは、一例として以下に対処法を挙げているので、参考にしてみてください。

トラブルを避けたいのなら挨拶回りは必須

リフォームをする時の挨拶回りをする理由は、トラブルを防止する事にあります。

リフォームをする場合、その内容や規模にもよりますが、周囲に響くような騒音が発生する事もあるものです。
騒音の規模はリフォーム工事の規模や内容次第ですが、リフォームをする場合は近所へのあいさつ回りをしておかないと、トラブルの元になる事もあります。

対応次第では、根の深いご近所トラブルにもなりかねないので、挨拶回りは行っておく事が基本です。

リフォーム時の挨拶回りの範囲は?

まず最初に頭を悩ますのは、挨拶回りをする範囲です。

あまり広いと手間も掛かりますが、狭すぎればトラブルを起こす原因になります。
明確には決まっていないのですが、一戸建ての場合の目安は自宅を基準にして、全方向に向かって2軒から3軒とされています。

「全方位に2~3軒」が分かりにくい場合は、オセロ盤を想像してください。
真ん中に黒を置き、周囲2~3マスを全て白で埋めれば、挨拶回りをする範囲の目安になります。

リフォームの規模が大きく長期間かかる場合は4軒から5軒を目安に挨拶回りをする場合もあるので、リフォームの規模に応じて選択してください。
トラブル防止を念入りに行いたい場合も、4軒から5軒に対して挨拶回りを行う事も有効です。

リフォームの挨拶の時期は?

挨拶回りはリフォーム工事が始まる前に行わないと意味がないので、必ず工事開始日の一週間前までには行います。
工事日からあまり離れていると意味がないので、出来るだけ工事開始の一週間前を目安に挨拶をしておいてください。

どんなリフォームで挨拶回りが必要になるか

基本的には、音が外に漏れる、業者がよく出入りするなど、周辺への影響がある場合に挨拶回りが必要になります。
壁紙のリフォームなど少人数で行われるものや、音があまりしないようなリフォームでは必要ありません。

リフォームの挨拶で手土産と挨拶状はあった方が良い

挨拶回りは、基本的には手土産があった方が効果的です。

1~2日で終わるようなリフォームであれば必要ありませんが、それ以上掛かる様であれば手土産は用意して置いた方が、挨拶の意味をより強くできます。
ただし、短期間で終わるリフォームであっても、騒音や人の出入りが多い場合は手土産は用意しておいてください。

挨拶状は無くても良いのですが、相手が留守だった場合で、以降の挨拶が難しい場合は必要になります。
挨拶状は対面での挨拶であっても添えておくと、挨拶としても意味が大きくなるので用意しておいた方が無難です。

挨拶時の手土産はお菓子が定番

手土産はお菓子が定番です。
洋菓子や和菓子の専門店などから購入する事が一般的で、基本的に箱詰めされているものを選択しておけば問題ありません。

手土産の費用は500円から1000円程度

手土産の費用は1つ500円から1000円程度のものが見栄えも良く、選択肢としては最適です。
数が多くなれば費用も掛かりますが、リフォームによるご近所トラブルを避けるための費用と考えれば決して高いものではありません。

お菓子の選択は、「常温で保存できる品物」を選択してください。

挨拶の熨斗(のし)は必ずしも必要ではない

熨斗は基本的に付けた方が無難ですが、必ず必要という訳ではなく付けなくても構いません。
ただし、熨斗を付ける場合は、熨斗書きに十分注意してください。

「寸志」は目上から目下への贈答で使われるもので、リフォームの挨拶には不向きです。
魔追った場合は「ご挨拶」と書いておけば失礼になることはありません。

リフォームの挨拶でもし留守だったら?

万が一留守の場合は、挨拶状と共に手土産をポストなどへ入れておけば問題ありません。
ただし、可能な限り時間帯を改めて、対面での挨拶を行ってください。

お菓子の選択を常温で保存出来るものにしておく理由は、留守の場合ポストへ入れておいても傷まないという理由があるためです。

マンションリフォームで挨拶をする範囲の目安

マンションリフォームで挨拶をする範囲の目安

マンションのリフォームをする場合、一軒家とは違った目安で挨拶回りを考える必要があります。
マンションの場合は、マンション住人全てが使うための「共用部分」があるので、この共用部分を基準にして挨拶回りを考えてください。

リフォーム業者が必ず通る通路沿いには必ず挨拶を

マンションの通路は狭いので、業者が頻繁に出入りする場合は、業者が通る通路沿い全ての部屋に挨拶回りをしておいた方が無難です。
工事が大規模になる場合は、住んでいる階層すべての部屋に挨拶をする事も検討する必要があります。

また、同じ階層のエレベーターの傍にある部屋には必ず挨拶をしてください。
業者の移動でエレベーターを多用することもあるので、挨拶をしておかないとトラブルの元になります。

リフォームで使える挨拶状のひな型、例文

リフォームで使える挨拶状のひな型、例文

リフォームの挨拶状は、「いつから工事が始まるか」「いつに終わるか」「問題が起きた時の連絡先」を必ず書いて置きます。
また、あまり長いと逆効果になることもあるので、出来るだけ簡潔にするのも必要です。

基本的な挨拶状の例文はネットを探すと沢山の例文やひな型があるので、状況にあったものを見つければそのまま使う事もできます。

基本的な挨拶のひな形、例文で注意すること

ネット上の挨拶状例文やひな型は、そのまま使う事も出来ますが、必ず自分で書き込む必要がある部分があります。

ネット上から例文やひな型をダウンロードして使う場合は、日付と工事を行う期間、名前と連絡先など書き込む場所を必ず確認してください。

リフォームの挨拶は業者任せにしない

リフォームの挨拶は業者任せにしない

リフォームの挨拶回りは、リフォームを依頼した業者が行ってくれる場合もあります。
業者が行う挨拶回りは、挨拶状とタオルなどの粗品をポストへ投函するといった簡単なものなので、十分とは言えません。

リフォームの挨拶回りは自分で行うのが一番効果があるので、業者任せにせず自分で行うようにしてください。

挨拶はリフォーム後の近隣との関係にも影響する

もしリフォームの挨拶回りを業者任せにした場合、あまり近隣に影響のない工事なら良いのですが、リフォームの規模が大きい場合はご近所トラブルになる事があります。

一度起こったご近所トラブルは深い根を持つので解決が難しく、その後の生活にも大きな影響を及ぼす事もあるので、おろそかにすると取り返しのつかない事もあるものです。
手間とお金は掛かりますが、リフォームをした家で快適に過ごすためにも、挨拶回りは業者に頼らずに自身で行うようにして下さい。

●リフォームの一括見積もりで最大40%も安くなります

リフォームを行う際には、色々な業者と比較する事をオススメします。 業者を比べる事で、数十万円単位で安くなった事例は多くありますので、リフォームを行う際には、注意するようにしましょう。

タウンライフリフォーム

【タウンライフリフォームのメリット】

  • 国家基準の審査を通った業者が300社以上登録
  • 複数の業者と比較をして適正価格にて施工が可能
  • オリジナルのリフォームプランの提案書
  • 専門家のリフォームアイデア・アドバイスがもらえる
  • しつこい営業が一切ない
  • 最初から最後まで完全無料

>>最大40%安くなる無料一括見積もりを試してみる。